総計: 1351759  今日: 8  昨日: 44       Home E-Mail
ホームページ       
自己紹介 仲間紹介 ウイイレ8情報 投票結果 欧州サカー日記 FCバルサ

バルセロナ1−0レアル・ソシエダ

 

興奮度   ☆☆☆☆

選手荒れ度 ☆☆

感涙度   ☆☆☆☆

 

<考察>

絶好調のバルセロナとCL敗退が決まってリーグ一本に集中するラ・レアルとの対戦。

この試合でもやはりロナウジーニョでした。彼のプレーは本当に素晴しいです。

パス、シュート、フェイント、ドリブル、すべて最高でした。

最後のフリーキックが決まって喜んでいるときには見てて泣きそうになりました。

バルサはこれで9連勝。この勢いは止まる事をしらない。

 

 

ユベントス1−3ACミラン

 

興奮度   ☆☆☆

選手荒れ度 ☆☆

優勝決定  ☆☆☆

 

<考察>

いつからこうなってしまったのか・・・

 

絶望からの生還 〜誇り高き白と黒〜

 

生還がさらに絶望の淵に叩きつけられてしまいました。

 

 

CL決勝T2ndレグベストマッチ

 

1、ACミラン4−1スパルタプラハ

2、マンチェスターU1−1FCポルト

3、レアル・マドリード1−0バイエルン・M

4、アーセナル2−0セルタ

 

 

レアル・マドリード1−0バイエルン・M  3/11

 

興奮度   ☆☆☆☆

緊張感   ☆☆☆☆

選手荒れ度 ☆☆☆

 

<考察>

1stレグで悔やんでも悔やみきれないミスをしたカーンにとっては

リベンジにかける強い思いを抱いて望んだであろう一戦。

先にチャンスをつかんだのはレアルマドリード

クロスをサルガドが当てて、その転がってきたボールをジダンが豪快にボレーで先制!これはさすがにカーンも止められないだろう。

前半終了間際には、ゼ・ロベルトのダイレクトシュートやマカーイのカウンターからのシュートなど豪快なシュートが続くが、すべてカシジャスが神がかり的なセーブで防ぐ。前半はそのまま1−0で終わる。

後半、

 

 

リーズ1−1リバプール     3/5

 

興奮度 ☆☆

 

<考察>

爺のリプレイにマジ実況は腹抱えてワラタ

リーズいまだ最下位をキープ。どうなることやら

 

 

インテル1−3ブレッシア     2/29

 

興奮度   ☆☆

爆笑度   ☆☆☆☆☆

選手荒れ度 ☆☆☆

 

<考察>

インテルとしてはミラノダービーの悪夢を覚ますためには絶対に勝ちたい一戦。

対するブレシアはバッジョ抜きで挑む。

試合は後半、スタンコビッチの先制ゴルでインテルがリードするが、それは長く続かない。すぐにブレシアに返される。そして逆転される。そしてまた一点取られる。ザネッティ泣く。インテルサポ帰る。スタンコビッチきれる。

富樫さん呆れる。倉敷さん笑いこらえる。他サポ爆笑。インテルスレ荒れる。

 

 

 

インテル2−3ACミラン   2/22

 

興奮度   ☆☆☆☆☆

選手荒れ度 ☆☆

 

<考察>

お祭りミラノデルピー(;゚∀゚)=3

インテルはビエリとアドリアーノの重量コンビで試合に望む。

前半からスピーディでお互い攻め合い、セリエとは思えない攻撃的なサッカーをお互いしていた。

試合も面白くて、前半は予想外のインテルの2点リードで終わる。

後半、ミランはトマソン投入。これが勝負の決め手になったか、アドリアーノがチャンスで2度外したのが決め手になったか、この試合勝ったのはミランだった。

セードルフのミドルをトルドが弾いたところをトマソンが押し込み一点差

そのすぐ2分後にはカカーがセンターラインから独走でミドルの位置からアウトサイドでシュートを打ち込み同点!この5分間程は鳥肌ものでした。

さらに終了間際、セードルフの1年に1度あるかな無いかのスーパーゴール!

これで勝利はミランの手に。ゴールを決めたミランの選手が集まって喜んでいるのを見ているトルドの表情はとても感慨深いものでした。

 

トマソンのゴールであの子も喜んでいると思います

↓ということでフラッシュあげマス(見つけたので

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Brush/6519/flash/tomasson.swf

 

 

 

アーセナル2−1チェルシー    2/15

 

興奮度 ☆☆☆☆

 

<考察>

FAカップ最高の好カード。

アーセナルはアンリが出場せず不安面もあったが、スペイン期待の若手

レジェスがスタメンで期待に応えたいところ。

試合は前半からかなり面白い試合でした。特にベルカンプのテクをかなり

見せてもらったのが良かったです。やっぱりこの人は最高です。

しかし、この試合の主役はそのベルカンプでもなく先制ゴールのムトゥでもなく、ホセ・アントニオ・レジェスでした。

1点追いかける展開の後半、ミドルから弾丸シュートをネットに突きさした。しかもゴールの端のかなりいい所に(マジ凄

これには金子さんもカスヤさんもびっくりでしたw

その後さらにヴィエラからのパスをうまくもらい冷静に勝ち越しゴール。

これで今まで溜まってた不安も完全に断ち切れたと思います。

選手交代のときには観客全員からスタンディングオベーションされたました。(・∀・)イイ!!

 

 

 

バルセロナ2−1オサスーナ  2/12

 

興奮度   ☆☆☆

選手荒れ度 ☆☆☆ 

 

<考察>

5位vs6位の好カード。バルサとしてはCL圏内に入るために重要なゲーム

前半、シャビ→サビオラのホットラインからバルサが先制!

しかし後半、オサスナにPKを与えてしまい、それをきっちり決められて同点にされる。いつものバルサならここで終わってしまうだろう。

ここで魅せたのは神ウジーニョ!神足裁きからゴラッソなゴルを決める!

ガウショは相変わらずトリッキーなプレーをこの試合でも見せてくれました。

しかし、最後にフェイスマスクをつけた兄貴がオサスナ選手と争い退場というイクナイこともありました。まあそれはどうあれ勝利したので良しとしよう。

これでバルサはリーガ4位(CL圏内)でつ!!!!!

 

 

セリエA

 

ローマVS ACミラン

 

興奮度   ☆☆☆☆

興奮度2  ☆☆☆

選手荒れ度 ☆☆

 

<考察>

年明け一発目の大勝負!セリエA1位ローマ対2位ACミラン!

スタジアムも珍しく満員で大いに盛り上がり

前半ローマのいいボール回しが見られ、やっぱり今期のローマはつえーなーと

思ってたらシェバが神がかりなシュートでワンチャンスGETでミラン先制!

今期これで13点目のシェフチェンコ(ダントツ1位

前半は1-0で終わりかと思ったロスタイム、コーナーをリスタートしたトッテイ!んでマンシーニ!!!!んでカッサーノ!!!!!!!!!!!!動転同点ドウテン!!!!!!!!!!!!!!!!

2003年12月
2004年〜3月
会合予定地(仮)
Pixy homepage 2003